医療法人堀川会 堀川病院 HORIKAWA HOSPITAL
患者さんのための3つの宣言について

患者さんと医療機関とのよりよい関係づくりのために埼玉県と埼玉県医師会が共同で取り組みます。

患者さんの権利

1. 十分な説明を行い、患者さんの同意を得て医療を提供します。

■現在の症状・病名や治療内容・方針、薬に関する情報および手術等の概要などを十分に説明し、患者さんの同意を得て医療を提供するよう努力しています。

■医師はできる限りわかりやすいよう説明しますが、医療用語などわかりにくいところがありましたら、遠慮なく質問してください。

2. 患者さんご自身の診療情報を開示します。

■診療情報とはカルテ(診療録)や検査記録などのことです。

 患者さんが診療情報のコピーや閲覧を希望される場合、申請書の提出等、手続きいただき、開示します。

■開示にはコピー代金や手数料などの費用がかかる場合がありますので、医療機関にご確認ください。

3. セカンド・オピニオン(主治医以外の医師の意見を聞くこと)に協力します。

■患者さんが治療や検査等について、主治医以外の医師に意見を求めることをセカンド・オピニオンといいます。

■セカンド・オピニオンにより患者さんご自身が病気についてより深く理解し、治療について医師任せにせず、最終的に治療等の方針を決定できるよう複数の医師の意見を聞くことができます。

■主治医の先生以外に治療や検査等について意見をもらいたい場合、主治医はこれまでのカルテ・検査記録等の貸出しや写しの交付を行い、円滑にセカンド・オピニオンを受けられるように協力します。

埼玉県・埼玉県医師会